通学コースのデメリット

こんなはずじゃなかった、通学コース

家から通うことの出来る通学コース、講義の合間に、バイトの後にと予定を組み易いのがメリットですよね。でも、通学コースは、最初の学科の講義を受けた日から9か月以内に全ての教習を終える必要があります。そのため、予定を忘れてしまったり、何でもつい先延ばしにしてしまうタイプの人。一度面倒臭くなると足が遠のいてしまうようなタイプの人や講義やバイト、色んな用事があると集中して勉強出来ない、という人も通学コースには向いていません。
また、今すぐになるべく安く免許を取得したいという人にも、最低でも1か月程度かかってしまい、合宿コースよりも割高になってしまう通学コースはお勧め出来ません。
コースを有効に活用するためには、計画的にモチベーションを高く持って、免許取得に向けて努力する必要があります。

休みの時期は大混雑!

せっかくの長期休暇。時間を有効活用するために、教習所通いを始める人も多い時期です。そんな時期には教習所の講義が大変混雑します。自分の都合のよい時間の講義の予約がなかなか取れない、なんてことも。用事を優先するために通学コースにしたのに、講義のためにスケジュール管理が大変になったのでは元も子もありません。また、実技の講義の間隔が開くと、せっかくつかんだ運転の感覚も忘れてしまいがちです。自分のペースで好きな時間に講義を選ぶので、仲間のプレッシャーを感じにくく、ダラダラと通学してしまうことも。通学コースで短期間に免許を所得するためには、いつまでに免許を取るぞ!という明確な目標をもって、計画的に取り組む必要があります。