合宿コースのデメリット

学校にバイトにサークルに、と忙しいあなたには…

合宿コースは合宿施設のある教習所に2週間ほど泊まり込んで免許を取得するもの。講義で忙しい人や、バイトのシフトからなかなか抜けられない人、サークルやクラブ活動の多い人には、2週間も日程を開けるなんて至難の業ですよね。ましてや合宿コースのある教習所は田舎にあることが多いので、いつも忙しく、仲間でワイワイしていたい人には向かないでしょう。泊まり込みなので、一人で参加する場合には友達が出来やすい環境ですが、真剣に免許を取得しに来た人も多いので、一緒に勉強するなどして親睦を深めましょう。合宿コースは友達と一緒に参加するのがお勧めです。気の合う仲間と修学旅行気分で楽しめること間違いなしです!ただ、こちらも日程合わせが一番のポイントになります。

みんな絶対に最短で免許取得出来る?

免許取得日数、最短2週間なんだから、みんな絶対2週間で卒業できると思ったら大間違いです。きちんと勉強しなければ、修了検定と仮免許学科試験に受かりません。この試験に受からなければ、一般道での教習が受けられません。みんなと一緒だから、と気を抜いて講義を受けていると肝心の試験に合格できなくなってしまいます。合宿コースなので、卒業検定に合格した順に合宿仲間が減っていきます。プレッシャーに弱い人には向きません。また、教習所の卒業検定に合格すれば、免許がもらえる訳ではなく、運転免許センターや試験場で適性検査と学科試験を受ける必要があります。合宿が終わったからと放置しているといつまで経っても免許は取得出来ません。きちんと計画性を持って免許を取得したいですね。